ピクニック~♪ >>

ルパンのこと

前回の花子のことの続き。

今回は我が家の長男ガウガウ息子ルパンのおはなし。
ルパンが我が家の子になった経緯はアジトのプロフィールを読んでね。

記念すべき我が家に来て1枚目の写真。
a0147122_22131520.jpg

見た目はかわいいけど、実はチビコギの皮を被った悪魔。何をやってもかわいかったのは、うちへ来て
1ヶ月ほどだけ。成長していくにつれ、大変なコーギーさんへと変身していくのでした。

段々目つきが・・・。あんなに小さくってかわいかったルパンはどこへ??
気づけば体重15キロ。デカイ、重い。
a0147122_22252781.jpg


コーギーを飼うに当たり、私もコーギーについていろいろ調べて、本にはこう書いてありました。
【コーギーは性質が穏やかで、賢く、飼いやすい、手入れもラクチン、丈夫、人懐こい、、良い家庭犬になる】

少なくともルパンは、性格は穏やかじゃないし、花子に比べて飼い難く、手入れは大変。大量の抜け毛。
個体差はあるとはいえ、全然書いてることとは違いました。

特に以下。
①ケンカっ早い:売られた喧嘩は即買って、そして売られなくても自分から吹っかける。特に♂わんことはもう絶対仲良くするなんて無理。オフ会でもいつも一人ぼっち。

②吠える:ルパンは本当に良く吠えます。ガウガウガウガウ。叱られると一旦止めるけど、また繰り返し。
家に来た人からは『大型犬を飼っているの?』って聞かれるくらい声が大きいのです。

③爪きり大嫌い:爪切りをしようものなら暴れまくり、看護師さん7人をぶっ飛ばしたくらい。←武勇伝?
なので病院では鎮静剤を打たれ爪きりしてもらっていました。

これらには本当に手を焼きました。若いときは力も強くて。ルパンは4歳で去勢をしたけど、やはりその頃から少し落ち着きだしたような気がします。今は病院でも大人しく爪を切らせてくれるし、♂わんこともちょっとだけ近づけたり。まぁ吠えるのは相変わらずだけど、吠えるのは元気な証拠と思い割り切っています。

悪コーギーといえど、褒められるべき点もいくつかありました(笑)
女の子にはやさしくできるし、人懐こいまでとはいかなくともまぁまぁ愛想は良い。家具とか、物を壊したり
何かを齧ったりもしない。10歳まではお腹も壊さないくらい丈夫でした。花子と違って逃走癖もないし、
トイレだって完璧。しかも頭が良くて教えれば何でもすぐに覚える。頭が良すぎて、仮病使ったりもしたけど。
とにかくコーギーは頭がいいってのは本当だね。

10歳過ぎてからはクッシングになったり、腫瘍をたくさん作ったり、病院に罹る回数が格段に増。
毎日何かしらのお薬生活。年齢的に仕方ないのかな。

最近はいい子とはいえないけど、それでも小さいときに比べれば格段に扱いが楽になりました。
最近は『ルパン、何かちっちゃくなった』って言われます。そういえば、態度も体も顔も小さくなったね。
じいちゃんだもんね~。今は、あの悪コーギーだったルパンが懐かしいな~。

私もパパも花子もかわいいけど、やっぱり末っ子ルパンが1番かわいいのかも。
毎日バカみたいに、ルパンにデレデレ。小さいときより今の方が何倍も愛しく思えます。
じいちゃんルパンが、甘えん坊でとってもとってもかわいいです。毎日うるさいって怒られるけどね!
ルパンがいつかいなくなったら、私達は本当にどうにかなっちゃうかもしれない、それが怖いです。

ず~っとず~っとルパンに傍にいて欲しいです。ルパンの手を離したくない。
このまま時が止まればいいのに。
a0147122_2352965.jpg

[PR]
by minachun | 2010-09-24 00:01 | わんこ写真
ピクニック~♪ >>