カテゴリ:料理写真( 4 )

白髪ねぎの黄身のせレシピ公開

中村屋へ行けばお通しで出てくる【白髪ねぎの黄身のせ】。あまりにも旨すぎて、家で作れないものかと。
カウンターに座った時、さりげな~くマスターが調理してるところを盗み見。
そして『ソレどうやって作るの?家でも食べたいから作り方を教えて~』って言って教えてもらいました。

そしたらめっちゃ簡単。おつまみにもいいし、普通におかずにもなっちゃう。早速作ってみました。

以下レシピです。

白髪ねぎの作り方はステキ奥様ならおわかりですね?ねぎを適当の長さに切って~
a0147122_22211857.jpg

ねぎに切れ目を入れて、中の芯を取って~
a0147122_22221811.jpg

重ねてなるべく細く(白髪の様に)刻むだけ。簡単。
a0147122_22223930.jpg

辛さを抜くためにお水にさらしておいてね。
a0147122_22231752.jpg

次は漬け汁。追い鰹のつゆ、もしくはそれに似たもの。なければ醤油にみりん+酒でもOK。
a0147122_2224194.jpg

しょっぱさはお好きなように加減してね。量は少しで大丈夫。うちはタッパーに卵が漬かるか漬からないか
位準備。しょっぱいのが好きな人は多めにね。
a0147122_22252674.jpg

次は肝心の黄身。これも超簡単。卵を黄身と白身に分ける。(白身は使わないので、メレンゲとかその他の料理に使いましょう)手でやるのがお勧め。
a0147122_22265391.jpg

卵の殻を使って分ける方法もあるけど、それだと、黄身に傷がついちゃう可能性が。黄身が壊れたら使えなくなるので、慎重に。

あとは漬け汁に黄身を入れるだけ。うちは2~3日食べる分を一気に作るので、黄身6個。
a0147122_2229325.jpg

黄身は腐ると危ないので、なるべく早く食べきりましょう。新しい卵使用で3日目安。
白髪ねぎもタッパーに入れて冷蔵庫で3日は持ちます。

そうするとあ~ら不思議、6時間ほど経つと、黄身がうまい具合に漬け汁を吸って・・・半熟に変化。
a0147122_2231205.jpg

これを白髪ねぎの上にのせて出来上がり。箸を黄身に入れればトロ~リ♪それを白髪ねぎと一緒に。
a0147122_22381216.jpg

旨い!!旨すぎます。簡単でおいしいので、ぜひやってみてね~!!あとはビビンバ丼の上なんかにのせてもおいしいです。
[PR]
by minachun | 2010-07-03 22:39 | 料理写真

お取り寄せのサムゲタン

昨日の夜はお取り寄せした【サムゲタン】を食べました。日曜日は何も作りたくないし、わんこの体調もよくないし、そういう時は温めればすぐに食べれるサムゲタンが助かる。パパの大好物だし。

我が家はいつも薬膳参鶏湯さとやのサムゲタンをお取り寄せして食べています。ネットって便利よね~。

以前別店の冷凍のサムゲタンを食べていたんだけど、冷凍だと解凍して、アクとりながら温めてって時間がかかって大変だったんだけど、ここのは冷蔵なので、温めればすぐ食べれるからラクチン。
しかも添加物も一切使っていないから安心して食べられる。

今日は丸鶏1匹を頼んでみました。このように冷蔵で(賞味期限は到着から3日以内)届きます。スープと鶏は別々にパックされてきます。それから味付け用の天然塩も別についてくるので、自分好みの味付けができます。
a0147122_23253366.jpg

煮込んであるので、用意するのは鍋だけで、それに入れて温めるだけ。
a0147122_23272626.jpg

丸鶏だと土鍋が丁度いい。半鶏も選べるし、そういう時は普通のお鍋で充分。

鶏の中には薬膳食材がパンパンに詰まっています。もち米、ナツメ、にんにく、松の実、などなど。
a0147122_23344249.jpg

そして極めつけは高麗人参。疲れた体にはいいそうです。パパにもばんばん食べてもらいました(笑)
鶏の身もほろっほろ。余ったスープは明日の朝おじやに。コレもまた最高ですわ。
[PR]
by minachun | 2010-06-28 00:01 | 料理写真

誕生日の晩餐

今日は私の31回目の誕生日でした。喜ぶ歳ではないけれど、誕生日はやっぱり特別だもんね~♪
自分におめでとう。そして産んでくれた母親に感謝。

私の誕生日は必ずパパは会社をお休みして、1日私のためだけに過ごしてくれます。出会って~今までずっとそうです。以前までは旅行に行っていたけど、わんこ達の年齢と体調を考慮して、長時間の旅行はNGとなりました。だから近場で済ませます。

今日は青森県立美術館で開催中の【古代ローマ展】を観にいきました。
a0147122_1385174.jpg

真っ白な外観の県立美術館です。ここはシャガールの舞台絵3枚(超巨大)アレコが常設で見れます。

ローマ展は私は全く興味がない分野で面白くなかったけど・・・パパは貴重な発掘物など見れて楽しそうでした。さすが、歴史オタ(笑)

夜ご飯は久しぶりの電車に乗って・・・
a0147122_1316193.jpg


弘前のホテルの鉄板焼屋さんへ。
a0147122_13192218.jpg

お肉~海鮮~♪シェフが目の前で焼き焼きしてくれる鉄板焼きでした。

以下メニューです。

前菜盛り合わせ:マグロのお刺身(スモーク)、竹の子煮、たらこと?のゼリー、イカと白身魚のスリ身
a0147122_1329919.jpg


お造り:赤貝、スプラウトなどのサラダの下にキス。お造りというよりサラダっぽい仕上がり。お刺身苦手な私でもオリーブオイルとかがかかっているからさっぱりといただけました。
a0147122_16285019.jpg


魚料理:鮑のソテー。隠れちゃってますが美味しかったです。やわらかい!
a0147122_16315157.jpg

余った肝の部分をソースにして上にのせたトースト付き。めちゃ、うまい。一枚だけだったけど、あと5枚は食えたな。
a0147122_16352493.jpg


野菜焼き:根曲がり竹(県内さんで出始めたばかりの大ぶりなもの)、ジャガイモ、アスパラ、ズッキーニ、きのこ
a0147122_1637420.jpg

素材の味が生きてて、美味しくて、ぱくぱくいっちゃえいます。特にパパはアスパラが好きなので大喜びでした。

サラダ:いろんな色の種類のトマトが入ってて、ドレッシングはオニオン風。このサラダがほんとに美味しくて。
おかわりしたいくらい(笑)
a0147122_16425452.jpg


肉料理:ポークとビーフを選べましたがもちろん我が家は2つ頼んで半分ずついただきました。そのほうが両方楽しめるもんね。
a0147122_16431475.jpg

a0147122_1644036.jpg


ご飯:もちろん〆はガーリックチャーハンですね~♪大好き!目の前で炒めて熱々を出してくれます。
a0147122_16445884.jpg


デザート:パイナップルのシャーベット・コンフォート添え。お肉料理の後にさっぱりしたアイス。またウマし!
a0147122_16464069.jpg


以上でした。おいしかった~♪お腹満腹。パパはワインで顔真っ赤。帰りも電車で帰りました。
もうすぐ青森には新幹線が開業します。
a0147122_16483330.jpg

青森は美味しいものがたくさんあります。ぜひぜひ全国から観光の方がいらしてくれるといいな~。
[PR]
by minachun | 2010-06-01 23:39 | 料理写真

春はウマしっ!

春の青森は美味しい食べ物がいっぱいです。

おいしいものを食べてるときあぁ、青森人でよかったわ~って思います。新鮮で美味しくて都会じゃ食べられないものがたくさんありますからね~。

まずは【トゲクリガニ】。一般的になんていうかはわかんないけど、青森県人は毛蟹やタラバ蟹やとにかくどんな蟹よりこのトゲクリガニが大好きだと思います。
a0147122_0125119.jpg

県外には出荷されない貴重な蟹なので青森でしか食べられません(たぶん)値段は一匹500円以上(時価)かな。
手のひらくらいの大きさで500円以上するのです。このときは3匹で1000円でした。お花見の時期が旬です。味はね~、とにかくカニミソが絶品。
a0147122_0134689.jpg

モリモリ入ってます!ミソ♪ミソ♪ミソ祭りです。味が濃くて、毛蟹以上といわれているくらい濃厚。外卵も内卵もいうことございませんっ。ちなみに私は1人で8匹食べたことがありますアヒャ!! o(*・∀・)つ☆(.;.;)3`)アブッ

限られた時期しか食べられないので、スーパーで見ると高いけど、買っちゃいます。
ミソと胸の部分のちょっとの身だけ楽しむ蟹さんなので、足の部分は味噌汁です。それもまたウマしっ!

それから・・・【山菜類】こしあぶら、こごみ、タラの芽、根曲がり竹。
a0147122_0245669.jpg

春の味で苦味がありますが、酢味噌和えや天ぷらにして食べるとまた最高にウマし!です。
道の駅にいくとじゃんじゃん売ってます。都会で食べようとするときっとひとつ千円とかしちゃうんだろうな・・・。

最近は家から20分くらいの道の駅でいろんな美味しいものが売ってて毎週行っちゃいます。
そして帰りに源泉かけ流しの温泉に入ってと。うちは家でお風呂なんてめったにない。毎日温泉。
10分で温泉着きますからね。いや~最高ですわ。田舎でよかった~ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
[PR]
by minachun | 2010-05-13 23:25 | 料理写真